働き方で悩んだときの考え方

,

看護師が就職先で悩んでいるときに医療現場を希望するところまでは決まっても、病院かクリニックかを決めかねることはよくあります。勤務の実態と待遇が気にかかっていて決断できずにいることが多いでしょう。
クリニックを選んでおけば残業も少なくて定期的に休日をもらえるので私生活を充実させられる魅力があります。しかし、病院を選べば給与水準が高くて年収は高くなるでしょう。夜勤や残業が多くなって休日も不定期になってしまうと考えると生活の負担が大きくなります。一方で、現場経験を多く踏むことができるという魅力もあるのは確かです。
どちらを選ぶかで悩んでしまったときには勤務の実態や待遇だけではなく、仕事の性質から何を求められるのかについても考慮してみるのが大切になります。
看護師として病院で働く場合には通常はその診療科での高い専門性が求められていて、知識やスキルの充実が必要になります。一方、クリニックの場合には知識やスキルについて幅広さが求められる傾向が強く、あまり重篤ではない患者に対して適切に対応できなければなりません。そして、コミュニケーション能力の高さもクリニックでは重視される点であり、病院よりも広い患者層を相手にしなければならず、患者の獲得競争に負けないサービスを提供することも求められる点は留意した方が良いでしょう。
勤務の実態などと合わせてこのような要求の違いについても考慮すると、どちらの医療現場が自分に合っているかを判断しやすくなります。それぞれにそれぞれの特徴があるので、よく考えてから選ぶのが良いでしょう。