人付き合いの難しさ

,

医療現場で働いてきた看護師がUターンをして地元の病院やクリニックで働くという事例が多くなってきました。都心部にある大きな総合病院や専門病院あるいは大学病院で働きたいと考える人が増えてきているのが現状であり、就職の際に地方から都心部へ向かうことがよくあります。
しかし、働いているうちにやはり地元で働きたいと考えてUターンを決意する傾向が強まっているのです。この理由としてもともと地元に貢献するためのキャリアを作るためと考えていた人もいないわけではありません。しかし、それはどちらかというと少数派であり、都会の医療現場で働いてみて地元で働くのが自分に合っていると感じたからという理由の方が目立ちます。
看護師が仕事をする上で重要なのが人付き合いであり、現場の医療スタッフや患者との付き合いをうまく行っていくことが仕事の手腕に大きな影響を与えるでしょう。人付き合いのあり方は地域性が大きく、都会ではやや人と人との付き合いが希薄になりがちであり、地方で育ってきた人には冷たいという印象を与えることすらあります。もっと医療スタッフとも患者とも親しみを持って接していきたいと考えていた看護師にとって働きづらい環境になってしまいがちなのです。
そのため、地元の人の温かさを思い出してUターンをする傾向が生まれています。Uターンした結果として地元の人に愛されるようになって活躍していることも多く、医療スタッフとの付き合いも楽しみながら働いている人も増えているのが現状です。