病床のあるなしによる違い

,

看護師が医療現場で働くときの主な仕事は外来対応と病棟管理です。病床がある勤務先を選んだ場合は両方を担うことになりますが、病床がない場合には外来対応だけで基本的な業務になります。病床がある病院に勤務していても、担当している部署によっては病床がないでしょう。
外科のように手術がある場合には医師の補助も必要になるものの、一般的な診療科であれば病床があるかないかによって仕事にも大きな違いが生じます。
基本的には病床がない勤務先を選ぶことによって勤務条件が緩和されるでしょう。病床がない場合には病棟管理が不要になるからです。外来対応は医療施設が一般に開かれている時間だけ行えば良いものであり、平日の昼間が中心になります。最近では土曜日や日曜日にも開いていることがありますが、勤務先の休業日に合わせて休日を得ることができるでしょう。休日出勤を命じられることはほとんどありません。
病床がある場合には、病棟管理が必要になるため24時間365日の体制が不可欠であり、外来対応をする必要がなくても休日に人材を確保しなければならなりません。夜間も必要であることから夜勤も必須になるのです。
患者との長い付き合いがなくなりやすいのが病床がない医療現場の特徴であり、頻繁に通う患者であっても毎日顔を合わせるということはあまりありません。病棟管理は経験できないものの、看護師にとって働きやすさを獲得するのに適しているのが病床のない医療現場と言えるでしょう。